かに内子


イバラガニ

かにのメスは、おなかの部分に「バタフライ」(ふんどし)と呼ばれる半円状の蓋を持っています。その蓋の中に入っている未成熟な液体状の卵を内子といい、それが卵管を通って産卵状態になりプチプチとしている卵を外子といいます 。

自社製品「イバラガニ内子」販売量日本一

オホーツク海の流氷と荒れ狂う厳寒の海で育った、国内漁獲高が極めて少ない「幻の蟹 イバラガ二」のメスから取れる内子を塩漬けにした珍味中の珍味です。 弊社独自の製法でイバラガニ内子を製造しております。低塩分でとてもやわらかい商品に仕上がっています。 かに内子の中でも、イバラガニの内子は格段に美味しく北海道以外ではほとんど見られない商品です。

綺麗なオレンジ色の珍味はトロッとした食感で非常に濃厚な味を醸し出す内子です。 弊社では、網走前浜で獲れたイバラガニを網走地方卸売市場からセリで競り落とした後、直ちに工場へ搬入し、鮮度の落ちないうちに内子を殻から取り出し弊社独自の製法で商品を製造しております。又、かに内子本来の味を楽しんで頂くために保存料は一切使用しておりませんので、解凍後の賞味期限が短くなっております 。